メニュー

しもやけの治療

[2022.01.14]

寒さも一段と身に染みる時期ですが、手・足・鼻先…

腫れぼったく赤紫色になり、痛みや強い痒みを伴う気になる症状はありませんか

そうです『しもやけ』です。しもやけイラスト/無料イラストなら「イラストAC」しもやけイラスト/無料イラストなら「イラストAC」

 

しもやけは気温が5℃前後で、日中と夜の温度差が10℃以上になると、血の巡りが悪くなって起こる病気で、できやすい場所としては手や足、

鼻先、耳などです。

しもやけは何より予防が大切です。厚手の靴下、手袋、耳あて、帽子などでしっかりと防寒しましょう。症状が軽い場合は保湿と患部のマッサージがとても効果的です。

ただし、腫れや赤みがひどかったり、ただれや水ぶくれになっている場合は、マッサージをすると症状が悪化する事があるので要注意です。そのような時はなるべく皮膚科を受診し、適切な治療をしましょう。

また、成人の場合、一見ただのしもやけに見えても、膠原病などの病気が隠れていることがあります。

冬場以外でも繰り返す場合は、ただのしもやけと自己判断せず、皮膚科の受診をおすすめします。

予約なしで診察が可能です。

*土・日曜日午前も診療しております

笑顔の看護師さんのイラスト | 無料のフリー素材 イラストエイト

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME